播州電装株式会社

  • ハートウォーム つなぐ 仕事・遊びお客様VOICE
  • 採用情報
  • パートナー募集
  • スポンサー募集

事業経歴

事業経歴

昭和40年 2月 明石市大久保町大久保町466番地にて播州電装として自動電装品修理、販売を開始する。
昭和41年 8月 (株)神戸製鋼、川崎重工業(株)の建設機械用電装品を製造開始。
昭和43年 7月 新社屋を移転完成、法人組織となり、播州電装株式会社を設立。
同時に製造部門とサービス部門の2部門となる。
上記事業を継承、並びに建設機械用・産業機械用電装品とワイヤーハーネス製作を開始する。
昭和44年 3月 三菱電機株式会社向け産機関連電装品製造開始。
昭和45年 2月 事業拡大のため、工場増築。
昭和49年 6月 ワイヤーハーネス専門工場増築(本社西3階建)。並びに電装品、制御盤関係設備増強。
昭和51年 1月 国道2号線側に電装品ショールーム開設並びにサービス部門移設、修理。サービス工場新設。
昭和58年 2月 油谷重工株式会社広島製作所(現コベルコ建機株式会社)へパワーショベル用電装品供給開始。
昭和61年 8月 バス並びに小型船舶用暖房機サービス特約を三国工業(株)と契約。
県下バス会社並びに交通局とメンテナンス並びに部品供給契約サービス開始。
昭和62年12月 三木SBワイヤーハーネス製造工場開設。
平成元年 6月 本社工場生産設備増強並びに自動機導入のため、工場新築。(本社東3階建)
平成 4年 3月 極東開発向けワイヤーハーネス製造開始。
平成 4年 7月 株式会社小松製作所 取引開始。
平成 4年10月 神鋼造機株式会社 取引開始。
平成 5年10月 小松フォークリフト神戸工場 取引開始。  
平成 7年 1月 サービス部門、明石市魚住町金ヶ崎704-1へ移転。
平成 8年 9月 インドネシア現地法人 PT.BANSHU ELECTRIC INDONESIA 設立。
平成 8年12月 PT.BANSHU ELECTRIC INDONESIA商業生産開始。
平成10年 1月 二輪車用ワイヤーハーネス販売会社 PT.DHARMA BANSHU INDONESIA 設立。
平成10年10月 東海理化販売株式会社 取引開始。
平成11年 8月 酒井重工株式会社 取引開始。
平成11年11月 南検査棟 完成。
平成11年12月 インドネシア現地法人本社移動に伴い、第2工場新設。
平成12年 7月 弊社インドネシア現地法人、ISO-9002認証取得。
平成13年 3月 川崎重工株式会社精機事業部 取引開始。 
平成13年 6月 日本輸送機株式会社 取引開始。
平成13年12月 (株)日立建機ティエラ 取引開始。 
平成14年11月 インドネシア共和国にプラスチック射出成型会社 PT.BANSHU PLASTIC INDONESIA 設立。
平成15年 2月 物流センターを兵庫県明石市松陰字木戸ノ上269-1に建設する。
平成15年 3月 日立建機株式会社 取引開始。(土浦工場生産 油圧ショベルのメイン・ハーネス全量受注)
平成15年 7月 インドネシア共和国に薄板プレスパーツ製造会社 PT.BANSHU METAL INDONESIA 設立
平成15年 8月 日本本社にインターネットサーバーを設置し、データーベースの一元化を実現。
インドネシア工場との間をインターネットEDIで生産計画情報、手配残管理、出荷情報をリアルタイム処理を実現する。
平成15年11月 弊社インドネシア現地法人、ISO-9001認証取得。
平成15年11月 インターネットによるEDIシステムを稼動させ、インドネシア現地法人と、日本本社とのデーターを一元管理を実現する。
平成16年 8月 日本本社 増築工事完了。 日本本社 新社屋
平成16年11月 TCM株式会社 取引開始。
平成16年12月 インドネシア共和国にゴム成型会社 PT.BANSHU RUBBER INDONESIA 設立。
平成17年 7月 インドネシア共和国・西ジャワ州・プルワカルタ市に第4工場完成。
平成18年 2月 PT.BANSHU ELECTRIC INDONESIA本社建屋改装完了。
平成19年 7月 インドネシア共和国・西ジャワ州・プルワカルタ市にPT. BANSHU ELECTRIC INDONESIA第5製造工場(7,000平米)完成。
平成19年12月 加古川市平岡町西谷25-1に播州電装日本本社工場竣工。
平成20年 9月 資本金を5000万円に増資
平成20年11月 つくば支店開設。 茨城県つくば市観音台1丁目35-6  
平成21年 4月 インドネシア工場とのリアルタイム・オンライン・システム稼動

 


昭和56年当時 サービス部

昭和56年当時 サービス部